医療ビザ

医療ビザについて

出来る活動
医師,歯科医師その他法律上資格を有する者が行うこととされている医療に係る業務に従事する活動。
該当例
医師,歯科医師,看護師等
区分
カテゴリー1:
医師・歯科医師

カテゴリー2:
医師・歯科医師以外の者
提出書類

1 在留資格認定証明書交付申請書 1通

2 写真(縦4cm×横3cm) 1葉
※申請前3か月以内に正面から撮影されたもの。
※写真の裏面に申請人の氏名を記載し,申請書の写真欄に貼付して提出。

3 返信用封筒(定形封筒に宛先を明記の上,404円分の切手(簡易書留用)を貼付したもの) 1通

4 
※カテゴリー1の場合:

申請人が医師又は歯科医師の日本の資格を有することを証明する文書(免状又は証明書等の写し) 1通

※カテゴリー2の場合:

4 申請人が次のいずれかの日本の資格を有することを証明する文書(免状又は証明書等の写し) 1通

(1)薬剤師
(2)保健師
(3)助産師
(4)看護師
(5)准看護師
(6)歯科衛生士
(7)診療放射線技師
(8)理学療法士
(9)作業療法士
(10)視能訓練士
(11)臨床工学技士
(12)義肢装具士

5 勤務する機関の概要
(病院,診療所等設立に許可を受けることを要する機関の場合は,当該許可を受けた年月日を明示したもの)を明らかにする資料 1通
留意事項
※身分を証する文書(会社の身分証明書等) 提示

上記は,代理人,申請取次者又は法定代理人が申請を提出する場合,
申請を提出することができる方かどうかを確認のために必要。

※ 申請後審査の過程に,上記以外の資料を求める場合もある。

※ 提出書類が外国語で作成されている場合には,訳文(日本語)を添付。


参考
法務省公式サイト

ライトハウス行政書士事務所

外国人ビザ取得代行専門!

日本語・中国語・韓国語が出来る行政書士!

誠心誠意を持って対応します!

TEL 090-1452-1688 (9:00-18:00)

24時間メール問い合わせ