興業3ビザについて

出来る活動

外国人の方が,演劇,演芸,歌謡,舞踊又は演奏の興行以外の興行(スポーツなど)に係る活動を行おうとする場合

提出書類

1 在留資格認定証明書交付申請書 1通

2 写真(縦4cm×横3cm) 1葉
※申請前3か月以内に正面から撮影されもの。
※写真の裏面に氏名を記載し,申請書の写真欄に貼付して提出。

3 返信用封筒(定形封筒に宛先を明記の上,
送料分の切手(簡易書留用)を貼付したもの) 1通

4 申請人の経歴書及び活動に係る経歴を証する文書 適宜

5 招へい機関の概要を明らかにする次の資料

(1 ) 登記事項証明書 1通

(2 ) 直近の決算書(損益計算書,貸借対照表など)の写し 1通

(3 ) 従業員名簿 1通

6 興行を行う施設の概要を明らかにする資料

(1 ) 営業許可書の写し 1通

(2 ) 施設の図面 1通

(3 ) 施設の写真 適宜

(4 ) 従業員名簿 1通

(5 ) 登記事項証明書 1通

(6 ) 直近の決算書(損益計算書,貸借対照表など)の写し 1通

7 招へい機関が興行を請け負っているときは,請負契約書の写し 1通

8 次のいずれかで,申請人の日本での具体的な活動の内容,期間,地位及び報酬を証する文書

(1 ) 雇用契約書の写し 1通

(2 ) 出演承諾書の写し 1通

(3 ) 上記(1)又は(2)に準ずる文書 適宜

9 その他参考となる資料

滞在日程表・興行日程表・興行内容を知らせる広告・チラシ等 適宜

10 身分を証する文書(会社の身分証明書等) 提示

留意事項

※身分を証する文書(会社の身分証明書等) 提示

上記は,代理人,申請取次者又は法定代理人が申請を提出する場合,
申請を提出することができる方かどうかを確認のために必要。

※ 申請後審査の過程に,上記以外の資料を求める場合もある。

※ 提出書類が外国語で作成されている場合には,訳文(日本語)を添付。

参考

法務省公式サイト

「ビザ申請」を当事務所に依頼するメリット

1. ご本人は入管に行く必要ありません。
申請取次行政書士が、書類作成から手続完結まで代行致します。

2. 日本語・中国語・韓国語が話せる行政書士が対応致します。
日本語が上手く話せなくても大丈夫です。

3. ビザが許可されない場合、全額返金致します。

ライトハウス行政書士事務所

外国人ビザ専門
日本語・中国語・韓国語対応

ご連絡先・お問い合わせ

電話:090-1452-1688
  
  (9:00-18:00)
   土日祝日もご対応

微信(WeChat)
ID: azex1688
LINE
ID:azex1688
WeChat ID: azex1688 Line ID: azex1688
WeChat QR code Line QR code

対応地域

入管窓口申請の対応地域

東京都、埼玉県、神奈川県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県、新潟県、山梨県、長野県

オンライン申請の対応地域

東京都、埼玉県、神奈川県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県、新潟県、山梨県、長野県、北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、富山県、石川県、福井県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県