特定活動8(入院医療及び付添人)

入院医療及び付添人ビザについて


対象
病院等に入院して医療を受ける外国人の方、
医療を受ける外国人の方の付添人の場合
要件
法務省告示参照
提出書類
1 在留資格認定証明書交付申請書 1通

2 写真(縦4cm×横3cm) 1葉
※申請前3か月以内に正面から撮影されたもの。
※写真の裏面に氏名を記載し,申請書の写真欄に貼付して提出。

3 返信用封筒(定形封筒に宛先を明記の上,404円分の切手(簡易書留用)を貼付したもの) 1通 

4 身分を証する文書(身分証明書等)   提示

以下は,入院をして医療を受ける場合(患者である場合)に必要な書類

5 日本の病院等が発行した受入れ証明書 1通
(外国人患者に係る受入れ証明書) 

6 申請人の滞在中の活動予定を説明する資料

(1)入院先の病院等に関する資料(パンフレット,案内等)   適宜

(2)治療予定表(書式自由)   1通

(3)入院前あるいは退院後の滞在先を明らかにする資料 1通
(書式自由。滞在場所及び連絡先を記載。)   

7 次のいずれかで,滞在に必要な一切の費用を支弁できることを証する資料

(1)病院等への前払金,預託金等の支払済み証明書   適宜

(2)民間医療保険の加入証書及び約款の写し
(加入している医療保険等により,治療等に要する経費を支弁することが立証されるもの)   適宜

(3)預金残高証明書   適宜

(4)スポンサーや支援団体等による支払保証書   1通

以下は,付添人である場合に必要な書類

8 申請人の滞在中の活動予定を説明する資料 1通
(書式自由。滞在日程,滞在場所,連絡先及び付添い対象となる患者の方との関係について記載願。)  

9 申請人の滞在に必要な一切の経費を支弁できることを証する資料   適宜

※ 申請は,申請人(日本への入国を希望している本人)のほか,
次の方が代理人として行うことが出来る。

(1)申請人が患者である場合

   申請人の入院予定先である病院等の職員
   日本に居住する申請人の親族

(2)申請人が付添人である場合

   付添い対象となる患者本人
   同患者の入院予定先である病院等の職員、又は日本に居住する同患者の親族
留意事項
※身分を証する文書(会社の身分証明書等) 提示

上記は,代理人,申請取次者又は法定代理人が申請を提出する場合,申請を提出することができる方かどうかを確認のために必要。

※ 申請後審査の過程に,上記以外の資料を求める場合もある。

※ 提出書類が外国語で作成されている場合には,訳文(日本語)を添付。


参考
法務省公式サイト

ライトハウス行政書士事務所

外国人ビザ取得代行専門!

日本語・中国語・韓国語が出来る
行政書士!

誠心誠意を持って対応します!

TEL 090-1452-1688 (9:00-18:00)

24時間メール問い合わせ