違法就労に対する罰則


入管法上違法に就労活動を行った場合には、その外国人に「資格外活動罪」が成立するほか、不法就労活動をさせた者にも、「不法就労助長罪」が成立します。

目次


罰則

資格外活動罪

不法就労助長罪

罰則


入管法上違法に就労活動を行った場合には、その外国人に「資格外活動罪」が成立するほか、不法就労活動をさせた者にも、「不法就労助長罪」が成立します。

また、資格外活動を専ら行っていたと明らかに認められる者及び入管法73条の罪により禁錮以上の刑に処せられた者は、退去強制事由に該当します。

資格外活動罪


以下の場合は、いずれも違法な就労活動に当たります。

・業務限定就労可能資格(技術・人文知識・国際業務等)を有する外国人が、資格外活動許可を得ずに、当該限定された範囲を超えて就労活動を行うこと

・就労不能資格(留学等)を有する外国人が、資格外活動許可を得ずに、就労活動を行うこと

なお、何らの在留資格を有しない外国人が就労活動を行うことも違法ですが、その違法性は不法残留、不法在留等の中で評価され、資格外活動罪は成立せず、それ自体独自の退去強制事由にも該当しません。


不法就労助長罪


入管法上違法に就労活動を行った外国人(非正規在留者を含む。)に不法就労活動をさせた者には、不法就労助長罪が成立します。

また、不法就労活動をさせ、唆し、又は助けた者は退去強制事由に該当します。


参考

法務省公式サイト


[ビザ申請」を当事務所に依頼するメリット


1. ご本人は入管に行く必要ありません。
申請取次行政書士が、書類作成から手続完結まで代行致します。

2. 日本語・中国語・韓国語が話せる行政書士が対応致します。
日本語が上手く話せなくても大丈夫です。

3. 完全成果報酬制で、ビザが許可されない場合、全額返金致します。


微信(WeChat)
ID: azex1688
LINE
ID:azex1688




ライトハウス行政書士事務所

外国人ビザ専門
日本語・中国語・韓国語対応

ご連絡・お問い合わせ

TEL 090-1452-1688  
  (9:00-18:00)
24時間メール問い合わせ
   ↓

対応地域

東京23区:
港区・新宿区・品川区・目黒区・大田区・世田谷区・渋谷区・中野区・杉並区・練馬区・台東区・墨田区・江東区・荒川区・足立区・葛飾区・江戸川区・千代田区・中央区・文京区・豊島区・北区・板橋区

千葉県・神奈川県