時間外労働・休日労働(外国人雇用ルール)


外国人が日本で働く場合、時間外労働・休日労働について、日本人と同様に、日本の法律が適用されます。

在留資格の申請は、入管専門のライトハウス行政書士事務所(東京)にお任せ下さい。

目次


時間外労働・休日労働

 (1)時間外労働・休日労働

 (2)割増賃金

  割増賃金の計算方法

時間外労働・休日労働


(1)時間外労働・休日労働


・会社は、次の場合には、労働者の過半数で組織する労働組合、又は労働者の過半数で組織する組合がない場合は労働者の過半数を代表する人との書面での協定(以下「36協定」といいます)を結ぶ必要があります。

①労働者に法定労働時間を超えて労働させる場合

②法定休日に労働させる場合

・時間外労働の上限は法律で制限されています。

・労働基準法では、この上限を、原則、月45時間、年360時間と定めています(臨時的な特別な事情がある場合でも、年720時間、単月100時間未満(休日労働含む)、複数月平均80時間(休日労働含む)が限度で、時間外労働が45時間を超えることができる月は年6回まで)。

(2)割増賃金


会社は、36協定によって、法定労働時間を超えて働かせる場合や法定休日に働かせる場合には、割増賃金を支払わなければなりません。

割増賃金の計算方法


①法定労働時間を超えて働かせたときは25%以上増し
※1か月60時間を超える法定時間外の労働については50%以上の割増賃金が支払われなければなりません。(中小企業については、2023年3月まで適用猶予とされています。)

②法定休日に働かせたとき(休日労働)は35%以上増し

③午後10時から午前5時までの深夜に働かせたとき(深夜労働)は25%以上増し

例えば、法定労働時間外の労働かつ深夜労働であった場合(①+③)は、支給される賃金は50%以上増しとなります。

割増賃金も雇用形態にかかわらず、全ての労働者に適用されます。よって、派遣社員、契約社員、パートタイム労働者、アルバイトにも支払わなければなりません。




ライトハウス行政書士事務所


外国人ビザ専門
日本語・中国語・韓国語対応

ご連絡先・お問い合わせ


電話:090-1452-1688
  
  (9:00-18:00)
   土日祝日もご対応

微信(WeChat)
ID: azex1688
LINE
ID:azex1688
WeChat ID: azex1688
Line ID: azex1688
WeChat QR code
Line QR code


対応地域


入管窓口申請の対応地域


東京都、埼玉県、神奈川県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県、新潟県、山梨県、長野県

オンライン申請の対応地域


東京都、埼玉県、神奈川県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県、新潟県、山梨県、長野県、北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、富山県、石川県、福井県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県