在留申請中の出国・再入国


ここでは、在留申請中の出国・再入国についてご説明します。

在留資格の申請は、入管専門のライトハウス行政書士事務所(東京)にお任せ下さい。

相談内容


在留期間更新許可申請をしましたが、急用ができ、帰国しなければならず困っています。結果の受け取りを代理人に依頼してもいいですか?

目次


在留期間更新中の出国・再入国

在留期間更新手続はいつから受理されるか?

在留期間の特例と再入国

在留期間更新中の出国・再入国


急用で一時帰国するとしても、在留満了日以前には、必ず日本に再入国しなければ、原則的には、現在の在留資格は消滅してしまいます。

代理は、本人が日本にいても病気のために出向けない場合に、同居する親族が代わって行う、あるいは申請取次行政書士等に在留期間更新・在留資格変更などの申請や、在留カードの受領に関して依頼することはできますが、あくまでも本人が日本にいることが前提であって、日本にいない場合は認められません。

しかし、在留期間を過ぎた場合でも、平成22年に施行された新しい制度「在留期間の特例」により、もとの在留期間の満了日から最長で2か月を経過する日までの間、もとの在留資格で在留することも、その間のみなし再入国による出国・再入国は認められています。

したがって、どうしても、期間満了日に帰国ができない事情があるならば、在留期限から2か月以内に必ず帰国し、パスポート、在留カードを持参して、速やかに本人自ら出入国在留管理局で更新許可を受けてください。

在留期間更新手続はいつから受理されるか?


在留期間更新許可申請は、在留期間満了日以前の3か月前から受理されます。

短期滞在や3か月以内の在留期間の場合は、その在留がおおむね2分の1以上経過したときから、在留期間更新申請が受理されます。

在留期間の特例と再入国


在留資格変更・在留期間更新の申請時において、その在留期間の満了日を過ぎても、処分(結果)が決定されない場合、申請者は、在留期間満了日後も、その処分がされるとき又は従前の在留期間から2か月を経過するいずれか早いときまで、引き続き今までの在留資格をもって、日本に在留することができます。

再入国許可も在留期間更新許可申請がなされた時に延長されます。また、この間のみなし再入国による出国・再入国も認められています。


参考

入管Q &A

Q57在留期間更新許可(又は在留資格変更許可)申請中ですが,再入国許可による出国(みなし再入国許可による出国を含む。)は可能ですか。



ライトハウス行政書士事務所


外国人ビザ専門
日本語・中国語・韓国語対応

ご連絡先・お問い合わせ


電話:090-1452-1688
  
  (9:00-18:00)
   土日祝日もご対応

微信(WeChat)
ID: azex1688
LINE
ID:azex1688
WeChat ID: azex1688
Line ID: azex1688
WeChat QR code
Line QR code


対応地域


東京都
港区・新宿区・品川区・目黒区・大田区・世田谷区・渋谷区・中野区・杉並区・練馬区・台東区・墨田区・江東区・荒川区・足立区・葛飾区・江戸川区・千代田区・中央区・文京区・豊島区・北区・板橋区等、東京都全域

東京都・千葉県・神奈川県・埼玉県