外国人の在留管理の一元化


ここでは、外国人の在留管理の一元化についてご説明します。

在留資格の申請は、入管専門のライトハウス行政書士事務所(東京)にお任せ下さい。

相談内容


外国人の在留管理はどのようにされていますか?

外国人の在留管理の一元化


新たな在留管理制度は、在留管理に必要な情報の全てを法務省に集約し、外国人の在留管理を一元化したものです。

この制度には、法務省が市区町村との連携により、出入国・在留記録及び居住地等の情報を共有し、雇用機関、所属機関(教育・研修)からの報告、そして外国人本人の届出等多方面からの情報を補完して、外国人の在留をより詳細に管理する在留管理情報システムが構築されています。

雇用に関しては、既に職安に雇用主からの雇用状況報告制度があります。

所属機関に関しても、任意ながら日本語学校等は以前から留学生の在留状況報告を出入国在留管理局へ提出しています。

団体や研究機関も含め、所属機関からの報告に関しては法制化されています。

住居地に関しては、日本国籍者のみを対象としていた住民基本ネットシステムに、外国人も地域住民として組入れ活用されています。在留管理強化の効果の一つとして、在留延長、みなし再入国など外国人の利便性が図られています。


ライトハウス行政書士事務所


外国人ビザ専門
日本語・中国語・韓国語対応

ご連絡先・お問い合わせ


電話:090-1452-1688
  
  (9:00-18:00)
   土日祝日もご対応

微信(WeChat)
ID: azex1688
LINE
ID:azex1688
WeChat ID: azex1688
Line ID: azex1688
WeChat QR code
Line QR code


対応地域


東京都
港区・新宿区・品川区・目黒区・大田区・世田谷区・渋谷区・中野区・杉並区・練馬区・台東区・墨田区・江東区・荒川区・足立区・葛飾区・江戸川区・千代田区・中央区・文京区・豊島区・北区・板橋区等、東京都全域

東京都・千葉県・神奈川県・埼玉県