仕事を辞めてアルバイトをしても大丈夫か


ここでは、外国人が許可された在留活動を辞めて、アルバイトをすることのリスクについてご説明します。

在留資格の申請は、入管専門のライトハウス行政書士事務所(東京)にお任せ下さい。

相談内容


日本の会社に勤めていましたが、給料は安く、仕事も面白くありません。仕事を辞め、アルバイトだけをして、在留期限になったら、帰国してしたいですが、大丈夫ですか?

失業の状態が3か月間続けば、在留資格取消しの対象になる


お気持ちは理解できますが、会社を辞めてアルバイトをすることは、不法就労に問われる可能性があります。

もともとの仕事があって、アルバイトをするのであれば、資格外活動に相当しますが、資格外活動許可は、根拠となる活動を基に、それに影響を及ぼさない範囲の仕事であり、収入が伴う場合に許可されるものです。

つまり、資格外活動は主たる活動がなければ、成り立たない、許可されないものです。

会社を辞めた後、在留期間の満了日がまだ先であっても、失業の状態が3か月間続けば、在留資格取消しの対象にもなります。

また、資格外活動違反は強制退去の対象ともなっています。

外国人に関する届出等


以前から、外国人の雇用状況は雇用主からハローワークに報告されていますが、新しい在留管理制度は、外国人を雇用する企業や入学を許可する学校に対しても、出入国在留管理局の届出や照会の協力を求め、所属機関の受入れの始期・退職等の終期を報告することになっています。

もちろん、転職時における本人からの届出も義務化されています。

様々な届出を出入国在留管理局に届け出ることになっている現状から、少しぐらい出入国在留管理局では分からないだろうと思うのは危険です。

将来的に不利益な記録を残さないようにした方が良いでしょう。

再出発を考えるなら、もう少し今の会社で頑張って、再就職のための情報を収集するなど、ある程度次のステップを考えるべきです。

また、雇用保険には、仕事が早く見つかった場合の就職支援金もあります。


ライトハウス行政書士事務所


外国人ビザ専門
日本語・中国語・韓国語対応

ご連絡先・お問い合わせ


電話:090-1452-1688
  
  (9:00-18:00)
   土日祝日もご対応

微信(WeChat)
ID: azex1688
LINE
ID:azex1688
WeChat ID: azex1688
Line ID: azex1688
WeChat QR code
Line QR code


対応地域


東京都
港区・新宿区・品川区・目黒区・大田区・世田谷区・渋谷区・中野区・杉並区・練馬区・台東区・墨田区・江東区・荒川区・足立区・葛飾区・江戸川区・千代田区・中央区・文京区・豊島区・北区・板橋区等、東京都全域

東京都・千葉県・神奈川県・埼玉県