外国人の住居地に関する各種届出義務


ここでは、外国人の住居地に関する各種届出義務についてご説明します。

在留資格の申請は、入管専門のライトハウス行政書士事務所(東京)にお任せ下さい。

相談内容


日本の空港に到着後、入国審査でパスポートに入国許可証印(シール)が貼られ、「在留カード」の交付を受けました。住所が決まれば、14日以内に市区町村に届け出る案内がありましたが、そんなに早く家は探せません。
どうすれば良いでしょうか?

届出は住居地が定まってから14日以内に


日本の交通事情や環境を理解した上で、自分にあった住まいを探すことは、後々のトラブルを避けるためにも良いことです。

住居地の届出は、到着後14日以内ではなく、住居地が定まってから14日以内となっています。

具体的には、住まいが見つかってから14日以内に、市区町村役場に届出を行えばよいのですが、注意すべきことは、入国後90日以内に届出を行わなければ、入管法の在留資格取消制度の対象ともなるということです。

平成24年に始まった新たな在留管理制度は、在留に関する緩和策とともに様々な届出が義務化され、住まいが見つかり14日以内に届出を行わなかった場合は、行政上の処罰のみならず、入管法上の罰金刑の対象ともなります。

住居地の届出が90日をオーバーすると、在留資格取消しの対象


住居地の届出が90日をオーバーした場合は、在留資格取消しの対象になります。

言い換えれば、入国後、住まいを見つけ、住居地が決まれば、14日以内に在留カードを持参して、居住地の市区町村窓口に届出を行う、この一連の流れを90日以内に終えることが大切です。

住居地の届出時には、在留カードの裏側に住居地を記載してもらいましょう。

外国人の引っ越しにも転居届・転出届・転入届が必要


住まいが定まった後の引っ越しには、転居届・転出届・転入届を忘れずに行いましょう。日本人と等しく地域住民としての義務であり、転出証明書がなければ、引っ越し先での住民登録ができないシステムとなっています。

引っ越す前の住居地で転居届を行い、転出証明書を受取りましょう。


ライトハウス行政書士事務所


外国人ビザ専門
日本語・中国語・韓国語対応

ご連絡先・お問い合わせ


電話:090-1452-1688
  
  (9:00-18:00)
   土日祝日もご対応

微信(WeChat)
ID: azex1688
LINE
ID:azex1688
WeChat ID: azex1688
Line ID: azex1688
WeChat QR code
Line QR code


対応地域


東京都
港区・新宿区・品川区・目黒区・大田区・世田谷区・渋谷区・中野区・杉並区・練馬区・台東区・墨田区・江東区・荒川区・足立区・葛飾区・江戸川区・千代田区・中央区・文京区・豊島区・北区・板橋区等、東京都全域

東京都・千葉県・神奈川県・埼玉県