外国人が住居地の届出をしなかった場合のリスク


ここでは、外国人が住居地の届出をしなかった場合のリスクについてご説明します。

在留資格の申請は、入管専門のライトハウス行政書士事務所(東京)にお任せ下さい。

相談内容


外国人が住居地の届出をしなかった場合、どんなリスクがありますか?

外国人が住居地の届出をしなかった場合のリスク


外国人が住居地の届出をしなかった場合、加入した国民保険が途中で途絶えたり、住民税の支払が滞ったりすることがよくあります。

外国人自身が国民健康保険に加入していると思い込み、病気になって旧保険証を使用し、保険適用にならないことから、100%の治療費に大慌てしたり、住所地が判明した時点で住民税に延滞税が加算され驚いたりと、問題がより大きくなって本人に跳ね返って来ることがあります。

外国人は、日本の制度をよく理解するとともに、住所地が変わる場合は、転出届や転入届を必ず行い、他の市区町村に移る場合は転出証明書を提出して住民登録を行いましょう。


ライトハウス行政書士事務所


外国人ビザ専門
日本語・中国語・韓国語対応

ご連絡先・お問い合わせ


電話:090-1452-1688
  
  (9:00-18:00)
   土日祝日もご対応

微信(WeChat)
ID: azex1688
LINE
ID:azex1688
WeChat ID: azex1688
Line ID: azex1688
WeChat QR code
Line QR code


対応地域


東京都
港区・新宿区・品川区・目黒区・大田区・世田谷区・渋谷区・中野区・杉並区・練馬区・台東区・墨田区・江東区・荒川区・足立区・葛飾区・江戸川区・千代田区・中央区・文京区・豊島区・北区・板橋区等、東京都全域

東京都・千葉県・神奈川県・埼玉県