安全・快適な職場環境(外国人の健康と安全)


労働者の安全と健康を確保するために労働安全衛生法があります。この法律は、仕事が原因となって労働者が事故に遭ったり、病気になったりしないように会社が必要な対策を取ることを義務付けています。

在留資格の申請は、入管専門のライトハウス行政書士事務所(東京)にお任せ下さい。

目次


安全・快適な職場環境について

1.労働安全衛生法の内容

2.健康診断など

3.医師の面接指導

安全・快適な職場環境について


労働者の安全と健康を確保するために労働安全衛生法があります。この法律は、仕事が原因となって労働者が事故に遭ったり、病気になったりしないように会社が必要な対策を取ることを義務付けています。

1.労働安全衛生法の内容


会社には次の義務があります。

・機械、器具その他の設備等による危険を防止するため必要な措置を講じること

・労働者を雇い入れるときや、雇い入れた後は年に1回の頻度で医師による健康診断を行うこと(労働者はその健康診断を受けなければなりません)

・労働者に対してストレスチェックを行い、その結果に基づいて作業の転換などの必要な就業上の措置をとること(労働者数50人未満の事業場は努力義務)

・健康管理の観点から、労働者の労働時間の状況を客観的に把握すること

・長時間にわたる労働により疲労の蓄積した労働者に対して、医師による面接指導を行い、その結果に基づいて作業の転換などの必要な就業上の措置をとることなど

2.健康診断など


労働安全衛生法に基づく健康診断・ストレスチェックは、正社員の他、次の2点を満たす派遣社員、契約社員、パートタイム労働者やアルバイトも対象になります。

・期間の定めのない契約により使用されていること

(期間の定めのある契約により使用される人の場合は、1年以上使用されることが予定されること又は、更新により1年以上使用されていること)

・1週間の労働時間数が、事業場で同種の業務に従事する通常の労働者の1週間の所定労働時間数の4分の3以上であること

3.医師の面接指導


労働安全衛生法に基づく長時間労働者に対する医師の面接指導は正社員だけでなく、派遣社員、契約社員、パートタイム労働者やアルバイトも次の要件を満たす場合は対象になります。

・時間外・休日労働時間が1月当たり80時間を超え、かつ、疲労の蓄積が認められる人
(申出による)

ただし、次の人は申出がなくても医師による面接指導の対象となります。

①1月当たり時間外・休日労働時間が100時間を超える研究開発業務従事者

②1週間当たりの健康管理時間(事業場での所在時間と事業場外での労働時間の合計)が40時間を超えた場合において、その超えた時間が1月当たり100時間を超える高度プロフェッショナル制度対象者

職場の健康や安全についての相談は(外国人在留支援センター安全衛生班)

詳細はこちらをクリック




ライトハウス行政書士事務所


外国人ビザ専門
日本語・中国語・韓国語対応

ご連絡先・お問い合わせ


電話:090-1452-1688
  
  (9:00-18:00)
   土日祝日もご対応

微信(WeChat)
ID: azex1688
LINE
ID:azex1688
WeChat ID: azex1688
Line ID: azex1688
WeChat QR code
Line QR code

対応地域


入管窓口申請の対応地域


東京都、埼玉県、神奈川県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県、新潟県、山梨県、長野県

オンライン申請の対応地域


東京都、埼玉県、神奈川県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県、新潟県、山梨県、長野県、北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、富山県、石川県、福井県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県