外国人も加入する「社会保険と労働保険」


ここでは、外国人も加入する社会保険、健康保険、国民健康保険、国民年金、厚生年金保険、介護保険、雇用保険、労災保険の概要についてご説明します。

在留資格の申請は、入管専門のライトハウス行政書士事務所(東京)にお任せ下さい。

目次


社会保険・労働保険とは

1.健康保険・国民健康保険

2.国民年金・厚生年金保険

3.介護保険

4.雇用保険

 ⑴ 適用対象

 ⑵ 保険料の負担

 ⑶ 雇用保険は強制保険制度

5.労災保険

社会保険・労働保険とは


社会保険・労働保険は、人生の様々なリスクに備えて、労働者や会社、又は両方から公的にお金(保険料)を集めて、実際に失業、けが、死亡などに遭遇した人に、給付する仕組みです。

1.健康保険・国民健康保険


健康保険・国民健康保険は、労働者やその家族が、次の場合に必要な医療給付や手当金を支給します。

①けがや病気をしたとき

②出産したとき

③死亡したときなど

2.国民年金・厚生年金保険


国民年金・厚生年金保険は、老齢、障害又は死亡により、年金を生涯にわたり給付するものです。

3.介護保険


介護保険は、介護が必要となった高齢者等を社会全体で支える仕組みの保険制度です。

4.雇用保険


雇用保険は、労働者が失業した場合などに、生活の安定と就職の促進のための失業等給付等を行う保険制度です。

⑴適用対象


①次のいずれにも当てはまる人は原則として適用対象となります。

・1週間の所定労働時間が20時間以上の人

・31日以上の雇用の見込みがある人

②①で適用対象となった人は、勤務先の事業規模にかかわらず、適用されます。

③①で適用対象となった人は、派遣社員、契約社員、パートタイム労働者やアルバイトでも適用されます。

⑵保険料の負担


①雇用保険制度への加入は、会社の責務です。

②保険料は労働者と会社の双方が負担します。

⑶雇用保険は強制保険制度


雇用保険は政府が管掌する強制保険制度です。
(労働者を雇用する事業は、原則として強制的に適用されます)

雇用保険は、

1.労働者が失業して、その所得の源泉を喪失した場合、労働者について雇用の継続が困難となる事由が生じた場合、及び労働者が自ら職業に関する教育訓練を受けた場合、及び労働者が子を養育するための休業をした場合に、生活及び雇用の安定並びに就職の促進のために失業等給付及び育児休業給付を支給

2.失業の予防、雇用状態の是正及び雇用機会の増大、労働者の能力の開発及び向上その他労働者の福祉の増進を図るためのニ事業を実施

する、雇用に関する総合的機能を有する制度です。

詳細はこちらをクリック

5.労災保険


労災保険は、次の場合に国が必要な保険給付を行う公的な制度です。

①労働者の業務が原因のけが、病気、死亡(業務災害)の場合

②複数の会社等に雇用される方の複数の業務を要因とするけが、病気、死亡(複数業務要因災害)の場合

③通勤の途中の事故などの場合(通勤災害)




ライトハウス行政書士事務所


外国人ビザ専門
日本語・中国語・韓国語対応

ご連絡先・お問い合わせ


電話:090-1452-1688
  
  (9:00-18:00)
   土日祝日もご対応

微信(WeChat)
ID: azex1688
LINE
ID:azex1688
WeChat ID: azex1688
Line ID: azex1688
WeChat QR code
Line QR code


対応地域


入管窓口申請の対応地域


東京都、埼玉県、神奈川県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県、新潟県、山梨県、長野県

オンライン申請の対応地域


東京都、埼玉県、神奈川県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県、新潟県、山梨県、長野県、北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、富山県、石川県、福井県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県