〇〇〇〇年〇〇月〇〇日

東京出入国在留管理局長 殿

氏名:○○〇〇
住所:東京都港区港南1-2-3
電話番号:090-1234-5678

事情説明書

私は日本国籍○○〇〇(40歳)です。

私は〇〇〇〇年〇〇月、中国遼寧省で中国人女性△△△と見合いをし、互いに好感を持ったため、彼女の父親の承諾のもと、〇〇〇〇年〇〇月〇〇日、瀋陽市遼寧民政局に婚姻の登録をいたしました。帰国後、〇〇〇〇年〇〇月〇〇日、東京都〇〇区役所に婚姻届を提出し、早速妻を呼びたいと考え、〇〇〇〇年〇〇月〇〇日と、〇〇〇〇年〇〇月〇〇日の2度にわたり、「日本人の配偶者等」の在留資格認定証明書交付申請を提出いたしましたがいずれも不交付通知を頂き、大変ショックを受けました。

真実の結婚であるにもかかわらずなぜ不許可なのか、いろいろ悩んだ結果、私の入管手続に対する知識の不足、提出した資料の不備な点などがあったことに気付きましたので、改めて3度目の在留資格認定証明書交付申請をさせて頂くことにしました。

私は、○○○○年○○月○○日△△△と結婚した時を含めて3回にわたり中国を訪問しています。

第1回目
○○○○年○○月○○日 日本出国
○○○○年○○月○○日 日本に帰国

第2回目
○○○○年○○月○○日 日本出国
○○○○年○○月○○日 日本に帰国

第3回目
○○○○年○○月○○日 日本出国
○○○○年○○月○○日 日本に帰国

第4回目
○○○○年○○月○○日 訪問予定

第1回目の結婚の時は支給金として20万円を、また訪問の度に△△△の生活費と日本語学校のための学費を渡しており、結婚以来1年間で約40万円を手渡しております(これは直接手渡したため、残念ながらこれを立証する資料がありません。)

これからは毎月3万円程度銀行送金する予定でおります。私達の結婚は誰からも強制されたものでもなく、私達2人の純粋の気持ちが同意したことによって生じたものです。メールや手紙などをご参照頂ければご理解頂けると存じます。また、この1年間で夫婦の絆が強くなってきていることを感じています。

△△△は現在中国遼寧省撫順の○○外国語学校で日本語の勉強をしており、一日も早い日本入国の許可を待ちわびております(在学証明書別添)。何卒、私達が日本で一緒に生活ができるよう「日本人配偶者等」の在留資格を賜りますようよろしくお願いいたします。

「国際結婚」ビザを当事務所に依頼するメリット

1. ご本人は入管に行く必要ありません。
申請取次行政書士が、書類作成から手続完結まで代行致します。

2. 日本語・中国語・韓国語が話せる行政書士が対応致します。
日本語が上手く話せなくても大丈夫です。

3. ビザが許可されない場合、全額返金致します。

ライトハウス行政書士事務所

外国人ビザ専門
日本語・中国語・韓国語対応

ご連絡先・お問い合わせ

電話:090-1452-1688
  
  (9:00-18:00)
   土日祝日もご対応

微信(WeChat)
ID: azex1688
LINE
ID:azex1688
WeChat ID: azex1688 Line ID: azex1688
WeChat QR code Line QR code

対応地域

入管窓口申請の対応地域

東京都、埼玉県、神奈川県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県、新潟県、山梨県、長野県

オンライン申請の対応地域

東京都、埼玉県、神奈川県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県、新潟県、山梨県、長野県、北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、富山県、石川県、福井県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県