住民基本台帳制度とは


ここでは、住民基本台帳制度についてご説明します。

在留資格の申請は、入管専門のライトハウス行政書士事務所(東京)にお任せ下さい。

相談内容


住民基本台帳制度とはどんな制度ですか?

住民基本台帳制度とはどんな制度か?


過去の住民登録法(昭和26年法律第218号)は、国民健康保険、国民年金、選挙、住民税と各種行政ごとに届出義務を課す、あるいは市区町村が住民調査を行うなど各行政で住民台帳を作成していました。

住民の届出の不正確さや市区町村での処理の複雑化から、届出の簡素化と適正な管理を目指し、各種の行政台帳を統一して、全ての行政の基礎とする住民基本台帳法が昭和42年に定められています。

住民基本台帳は、個人の氏名、生年月日、性別、住所などを記載した住民票を世帯ごとに編成し、住民の居住関係の公証及び国民健康保険・国民年金等の被保険者資格の確認、児童手当の受給資格の確認、生活保護及び予防接種に関する事務、印鑑登録に関する事務、学齢簿の作成など、行政サービスの基礎資料として、住民への利便性を図っています(住基法1条)。



ライトハウス行政書士事務所


外国人ビザ専門
日本語・中国語・韓国語対応

ご連絡先・お問い合わせ


電話:090-1452-1688
  
  (9:00-18:00)
   土日祝日もご対応

微信(WeChat)
ID: azex1688
LINE
ID:azex1688
WeChat ID: azex1688
Line ID: azex1688
WeChat QR code
Line QR code


対応地域


東京都
港区・新宿区・品川区・目黒区・大田区・世田谷区・渋谷区・中野区・杉並区・練馬区・台東区・墨田区・江東区・荒川区・足立区・葛飾区・江戸川区・千代田区・中央区・文京区・豊島区・北区・板橋区等、東京都全域

東京都・千葉県・神奈川県・埼玉県