「離婚定住」ビザ


日本人、永住者、又は特別永住者である配偶者と離婚後、引き続き日本に在留を希望する外国人は、一定の要件の下で、定住者(告示外)ビザを申請することができます。

目次


外国人の「離婚定住」ビザ

⑴ 「離婚定住」ビザの許可要件


⑵ 「離婚定住」ビザの留意点

 「正常な婚姻関係・家庭生活」とは

 不法滞在の経歴がある場合

 配偶者に関する届出

 日本語能力について

 離婚に至った理由・事情について

 DV 被害による離婚の場合

 離婚する配偶者が定住者である場合

外国人の「離婚定住」ビザ


日本人、永住者、又は特別永住者である配偶者と離婚後、引き続き日本に在留を希望する外国人は、一定の要件の下で、定住者(告示外)ビザを申請することができます。

⑴ 「離婚定住」ビザの許可要件


「離婚定住」ビザの許可要件は、次のいずれにも該当することが必要です 。

① 日本において、おおむね3年以上正常な婚姻関係・家庭生活が継続していたと認められる者

② 生計を営むに足りる資産又は技能を有すること

③ 日常生活に不自由しない程度の日本語の能力を有し、通常の社会生活を営むことが困難ではないこと

④ 公的義務を履行していること、又は履行が見込まれること

⑵ 「離婚定住」ビザの留意点


「正常な婚姻関係・家庭生活」とは


上記⑴①の、「正常な婚姻関係・家庭生活」とは、通常の夫婦としての家庭生活を営んでいたことを言います。

従って、別居していた期間があっても、夫婦としての相互扶助、交流が継続していたのであれば、これに該当します。

おおむね3年以上正常な婚姻関係・家庭生活が継続していたのであれば、 付与されていた在留期間が「3年」や「5年」ではなく、「1年」でも許可される可能性があります。

不法滞在の経歴がある場合


かつて不法滞在であったが、「在留特別許可」により正規滞在となっている場合でも、許可される可能性があります。

配偶者に関する届出


離婚した以上は、配偶者に関する届出を行う必要があります。 仮に14日以内という届出期間を経過していても、速やかに届け出る必要があります。

日本語能力について


③の、「日常生活に不自由しない程度の日本語能力を有し、通常の社会生活を営むことが困難ではない」とは、

例えば、意思の疎通が可能であればよく、特定の日本語の試験に合格していることまでは問われません。

離婚に至った理由・事情について


「離婚定住」ビザの場合、離婚に至った理由や事情も重視され、 入管が元配偶者から離婚の理由、事情等を聴取することがあります。

DV 被害による離婚の場合


配偶者による DV 被害が原因で離婚に至ったような場合には、定住者の在留資格が認められる可能性が高くなります。

DV 被害に係る立証資料の例

診断書
女性相談所からの意見書
配偶者暴力相談支援センターへの相談履歴
住民基本台帳事務における DV 等被害者への支援措置決定通知書
警察相談票

離婚する配偶者が定住者である場合


離婚する配偶者が日本人、永住者又は特別永住者ではなく、定住者である場合には、許可される可能性はありますが、ハードルが高くなります。


参考


法務省公式サイト


[定住申請」を当事務所に依頼するメリット


1. ご本人は入管に行く必要ありません。
申請取次行政書士が、書類作成から手続完結まで代行致します。

2. 日本語・中国語・韓国語が話せる行政書士が対応致します。
日本語が上手く話せなくても大丈夫です。

3. 完全成果報酬制で、ビザが許可されない場合、全額返金致します。


微信(WeChat)
ID: azex1688
LINE
ID:azex1688




ライトハウス行政書士事務所

外国人ビザ専門
日本語・中国語・韓国語対応

ご連絡・お問い合わせ

TEL 090-1452-1688  
  (9:00-18:00)
24時間メール問い合わせ
   ↓

対応地域

東京23区:
港区・新宿区・品川区・目黒区・大田区・世田谷区・渋谷区・中野区・杉並区・練馬区・台東区・墨田区・江東区・荒川区・足立区・葛飾区・江戸川区・千代田区・中央区・文京区・豊島区・北区・板橋区

千葉県・神奈川県