難民不認定処分後特定活動定住


「難民不認定処分」後、特別な事情を考慮して在留資格「特定活動」により、1年の在留期間の決定を受けた外国人は、一定の要件の下で、定住者(告示外)への在留資格変更を申請することができます。

目次


難民不認定処分後特定活動定住

⑴ 許可要件

⑵ 留意点

難民不認定処分後特定活動定住


難民の認定をしない処分「難民不認定処分」後、特別な事情を考慮して在留資格「特定活動」により、1年の在留期間の決定を受けた者で、在留資格「定住者」の「在留資格変更許可申請」を行った者

⑴ 許可要件


「難民不認定処分後特定活動定住」ビザの許可要件は、次のいずれかに該当することです。

① 入国後10年を経過していること

② 「在留特別許可」又は「在留資格変更許可」により在留資格「特定活動」の決定を受けた後3年を経過していること

⑵ 留意点


上記⑴の要件に該当する外国人と生計を一にし、同居する配偶者、子、親については、要件該当者の処分に合わせる取扱いとされます。

すなわち、当該家族の1人でも要件を満たせば、同居する家族全員について定住者への変更が認められえます。

申請人の在留中における生計維持能力については、難民不認定処分後の人道配慮による「在留特別許可」によって在留資格「特定活動」の決定を受けたという特殊事情に鑑み、これを問わないものとされます。

上記⑴の要件に適合しない場合であっても、人道上配慮を要すべき特別の事情があると認められるときは、地方入管から本省に請訓されて判断されます。


参考


法務省公式サイト


[定住申請」を当事務所に依頼するメリット


1. ご本人は入管に行く必要ありません。
申請取次行政書士が、書類作成から手続完結まで代行致します。

2. 日本語・中国語・韓国語が話せる行政書士が対応致します。
日本語が上手く話せなくても大丈夫です。

3. 完全成果報酬制で、ビザが許可されない場合、全額返金致します。


微信(WeChat)
ID: azex1688
LINE
ID:azex1688




ライトハウス行政書士事務所

外国人ビザ専門
日本語・中国語・韓国語対応

ご連絡・お問い合わせ

TEL 090-1452-1688  
  (9:00-18:00)
24時間メール問い合わせ
   ↓

対応地域

東京23区:
港区・新宿区・品川区・目黒区・大田区・世田谷区・渋谷区・中野区・杉並区・練馬区・台東区・墨田区・江東区・荒川区・足立区・葛飾区・江戸川区・千代田区・中央区・文京区・豊島区・北区・板橋区

千葉県・神奈川県