特定技能に関して入管法違反者に対する制裁等


特定技能に関して、入管法に違反した場合、特定技能所属機関に対しては、①指導及び助言、②報告徴収等、③改善命令及び事業者名等の公表等があります。

特定技能外国人に対しては、①在留期間更新不許可処分、②在留資格取消処分及び③退去強制令書発付処分等があります。

目次


1.行政処分等

2.罰則、過料

1.行政処分等


⑴ 特定技能所属機関に対するもの

特定技能所属機関に対するものとして、①指導及び助言、②報告徴収等、③改善命令及び事業者名等の公表があります。

⑵ 登録支援機関に対するもの

登録支援機関に対するものとして、①指導及び助言、②報告又は資料の提出、③登録の取消し及び④登録の抹消があります。

⑶ 特定技能外国人に対するもの

特定技能外国人に対するものとして、①在留期間更新不許可処分、②在留資格取消処分及び③退去強制令書発付処分等があります。

2.罰則、過料


⑴ 罰則

罰則は以下の通りです。

・在留資格等不正取得罪

・営利目的在留資格等不正取得助長罪

・資格外活動罪

・不法就労助長罪

・資格外活動幇助罪

・改善命令違反罪

・届出規定違反罪

・報告徴収等違反罪

⑵ 過料

入管法に定めた届出をせず又は虚偽の届出をした特定技能所属機関は、過料に処せられます。


特定技能ビザとは



「就労ビザ」を当事務所に依頼するメリット


1. ご本人は入管に行く必要ありません。
申請取次行政書士が、書類作成から手続完結まで代行致します。

2. 日本語・中国語・韓国語が話せる行政書士が対応致します。
日本語が上手く話せなくても大丈夫です。

3. 完全成果報酬制で、ビザが許可されない場合、全額返金致します。

ライトハウス行政書士事務所


外国人ビザ専門
日本語・中国語・韓国語対応

ご連絡先・お問い合わせ


電話:090-1452-1688
  
  (9:00-18:00)
   土日祝日もご対応

微信(WeChat)
ID: azex1688
LINE
ID:azex1688
WeChat ID: azex1688
Line ID: azex1688
WeChat QR code
Line QR code


対応地域


東京都
港区・新宿区・品川区・目黒区・大田区・世田谷区・渋谷区・中野区・杉並区・練馬区・台東区・墨田区・江東区・荒川区・足立区・葛飾区・江戸川区・千代田区・中央区・文京区・豊島区・北区・板橋区等、東京都全域

東京都・千葉県・神奈川県・埼玉県