特定技能ビザの要件(在留資格該当性と上陸許可基準適合性)


ここでは、特定技能ビザの要件である「在留資格該当性」と「上陸許可基準適合性」についてご説明します。

外国人のビザ申請は、入管専門のライトハウス行政書士事務所(東京・江東区)にお任せ下さい。

在留資格該当性と上陸許可基準適合性


在留資格「特定技能」の許可要件は、在留資格該当性と上陸許可基準適合性に分けられます。

1.在留資格該当性


特定技能外国人の在留資格該当性は、「特定産業分野該当性、業務区分該当性、受入機関適合性、契約適合性、支援計画適合性」が求められます。

具体的には、以下のとおりです。

①特定産業分野該当性
従事する活動が、分野等省令で定める特定産業分野に属する業務であること

②業務区分該当性
従事する活動が、分野等省令で定める一定程度の技能水準を要する業務であること

③受入機関適合性、契約適合性
従事する活動が、特定技能基準省令で定める要件に適合する受入機関との(受入機関適合性)、契約に基づくこと(契約適合性)が要件となります。

※③について、在留資格「特定技能1号」にあっては、支援計画が入管法に適合すること(支援計画適合性)を含みます。

※①の特定産業分野と③の受入機関は、個々の特定技能外国人ごとに法務大臣がそれぞれ指定します。

2.上陸許可基準適合性


上陸許可基準適合性に係るものとして、④申請人が上陸基準省令で定める上陸許可基準に適合することが要件となります。

3.上乗せ基準


上記③受入機関適合性(支援計画適合性を含む)及び契約適合性、④上陸許可基準適合性については、特定産業分野ごとに、その分野を所管する大臣が特有の事情に鑑みて、告示で定める基準(上乗せ基準)にも適合することが求められます。

特定技能ビザとは



「就労ビザ」を当事務所に依頼するメリット


1. ご本人は入管に行く必要ありません。
申請取次行政書士が、書類作成から手続完結まで代行致します。

2. 日本語・中国語・韓国語が話せる行政書士が対応致します。
日本語が上手く話せなくても大丈夫です。

3. 完全成果報酬制で、ビザが許可されない場合、全額返金致します。

ライトハウス行政書士事務所


外国人ビザ専門
日本語・中国語・韓国語対応

ご連絡先・お問い合わせ


電話:090-1452-1688
  
  (9:00-18:00)
   土日祝日もご対応

微信(WeChat)
ID: azex1688
LINE
ID:azex1688
WeChat ID: azex1688
Line ID: azex1688
WeChat QR code
Line QR code


対応地域


東京都
港区・新宿区・品川区・目黒区・大田区・世田谷区・渋谷区・中野区・杉並区・練馬区・台東区・墨田区・江東区・荒川区・足立区・葛飾区・江戸川区・千代田区・中央区・文京区・豊島区・北区・板橋区等、東京都全域

東京都・千葉県・神奈川県・埼玉県