元日本人の永住申請

永住申請は、入管専門のライトハウス行政書士事務所にお任せ下さい。

ここでは、元日本人が永住申請をする場合の事例をご紹介します。

事例

Aさん:イギリス国籍の元日本人女性

Aさんは、元々は日本国籍です。日本で生まれて、26歳まで日本で生活していました。両親ともに日本人です。
彼女は26歳の時、イギリス人男性と結婚し、その後イギリス国籍を取得しました。

この度、その男性と離婚し、日本に帰国することになりました。「日本人の子」としての在留資格を申請したところ、5年の在留資格をもらいました。

Aさんは、日本に帰国して1年が経過したので、永住権を申請したいと考えています。留意すべき点は何でしょうか?

永住申請のポイント

元日本人が永住権を取得するのに何か苦労する必要はないと思うかもしれませんが、元日本人だったからこその理由が伴うのです。

イギリス国籍を取得したということは、今後の人生はイギリスを中心に送る計画だったはずです。
そこで、日本に永住する意思があることをアピールする必要があります。
就職、親の介護、日本人との結婚予定、結婚している等、どうしても日本に居住しなければならない理由を永住理由書に書きます。

また、日本人の子であることや、日本で生活して来たことを改めてアピールする必要があります。
親との写真、幼少の頃から最近までの写真(0歳、5歳、10歳、20歳等)を提出します。

学校の卒業証明書や日本で取得した資格、除籍謄本等の公的な証明書があれば、より説得力が大きくなります。

要するに、審査官が安心して永住許可できるような材料をそろえて提出することが望ましいです。
永住申請に限らず、後から提出を求められるよりも、最初から提出しておく方が心証はよくなります。

永住申請の必要書類


1 「日本人の配偶者等」又は「永住者の配偶者等」の場合

2 「定住者」の場合

3 就労関係の在留資格(「技術・人文知識・国際業務」,「技能」など)及び「家族滞在」場合

4 「高度人材外国人」の場合

「永住申請」を当事務所に依頼するメリット

1. ご本人は入管に行く必要ありません。
申請取次行政書士が、書類作成から手続完結まで代行致します。

2. 日本語・中国語・韓国語が話せる行政書士が対応致します。
日本語が上手く話せなくても大丈夫です。

3. ビザが許可されない場合、全額返金致します。

ライトハウス行政書士事務所

外国人ビザ専門
日本語・中国語・韓国語対応

ご連絡先・お問い合わせ

電話:090-1452-1688
  
  (9:00-18:00)
   土日祝日もご対応

微信(WeChat)
ID: azex1688
LINE
ID:azex1688
WeChat ID: azex1688 Line ID: azex1688
WeChat QR code Line QR code

対応地域

入管窓口申請の対応地域

東京都、埼玉県、神奈川県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県、新潟県、山梨県、長野県

オンライン申請の対応地域

東京都、埼玉県、神奈川県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県、新潟県、山梨県、長野県、北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、富山県、石川県、福井県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県