経営・管理ビザの申請は、入管専門のライトハウス行政書士事務所(東京・江東区)にお任せ下さい。

ここでは、経営・管理ビザ申請が、事業スキームに妥当性がないと判断された事例をご紹介します。

経営・管理ビザー事業スキームに妥当性がないと判断されたケース

機械類を国内で仕入れ、それを国内で販売する事業計画で申請したところ、
仕入先をA社とし、申請会社をB社とし、販売会社をC社とした場合、A社とC社とで直接取引をすればよく、申請会社のB社の存在意義が認められず、事業計画に安定・継続性が認められないとして変更不許可となりました。

ビザ申請のポイント

この事例は、難民申請中の「特定活動」から「経営・管理」への変更申請だったのですが、本来商売とは独自の仕入先やその会社の持つ技術、ネットワーク、交渉力、営業力、知名度、ブランディング、発想、将来の展望、社会的役割など様々な要因を駆使して行われるものです。
この事例で、不許可の理由は、合理的かつ非常に教科書的なものです。

永住申請の必要書類


1 「日本人の配偶者等」又は「永住者の配偶者等」の場合

2 「定住者」の場合

3 就労関係の在留資格(「技術・人文知識・国際業務」,「技能」など)及び「家族滞在」場合

4 「高度人材外国人」の場合

参考

法務省公式サイト

「経営・管理ビザ」を当事務所に依頼するメリット

1. ご本人は入管に行く必要ありません。
申請取次行政書士が、書類作成から手続完結まで代行致します。

2. 日本語・中国語・韓国語が話せる行政書士が対応致します。
日本語が上手く話せなくても大丈夫です。

3. ビザが許可されない場合、全額返金致します。

ライトハウス行政書士事務所

外国人ビザ専門
日本語・中国語・韓国語対応

ご連絡先・お問い合わせ

電話:090-1452-1688
  
  (9:00-18:00)
   土日祝日もご対応

微信(WeChat)
ID: azex1688
LINE
ID:azex1688
WeChat ID: azex1688 Line ID: azex1688
WeChat QR code Line QR code

対応地域

入管窓口申請の対応地域

東京都、埼玉県、神奈川県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県、新潟県、山梨県、長野県

オンライン申請の対応地域

東京都、埼玉県、神奈川県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県、新潟県、山梨県、長野県、北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、富山県、石川県、福井県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県