Q.婚姻届と受理伺い


ここでは、婚姻届と受理伺いについてご説明します。

出入国在留管理局への在留資格の申請は、東京・江東区のライトハウス行政書士事務所にお任せください。

Q.婚姻届と受理伺い


先日、不法滞在している外国籍の彼と区役所に婚姻届を提出したら、役所の人から「受理伺いにします。」と告げられました。これはどういうことを意味しているのでしょうか?

受理伺いとは


日本で国際結婚による婚姻届を提出する場合には、外国人配偶者の国籍国が発行した婚姻要件具備証明書が必要となります。

ところが、不法滞在などをしている場合には婚姻要件具備証明書が発行されないことがあります。また、外国政府が発行した正式な婚姻要件具備証明書であっても、パキスタン、バングラデシュ、ガーナ、ペルーなどのものは、受け付けないこともあります。

そのような場合には、代わりに別の書類を提出して本国法で婚姻要件を備えていることを証明することになります。しかし、このような証明は公的な機関が発行した正式な書類ではないことが多く、婚姻届を受け付ける市区町村の役所の窓口では受理をすべきなのか判断がつかないことがあります。

このような場合には、とりあえず受理を保留し、戸籍事務に関する主務官庁の法務局に判断をゆだねることがありますが、これが「受理伺い」です。

婚姻届が受理伺いとなると、その回答が出るまでに数週間から長い場合には数か月もかかることがあります。

また、ケースによっては法務局から婚姻を希望する2人に連絡が入り、出身地や家族構成、知り合ったきっかけなどに関する聞き取り調査が行われることもあります。

このような手続を経て婚姻届が受理された場合には、最初の届出日に遡り受理されることになります。
例えば、4月1日に婚姻届を提出し受理伺いとなった場合、6月1日に受理するとの回答があった場合でも、戸籍謄本に記載される婚姻の日は4月1日となります。

また、受理伺いになった場合、届出人が希望すれば証明書が発行されます。今後の問合せや他の手続などにも利用できることがあるため、証明書の発行を受けておくと良いでしょう。




[ビザ申請」を当事務所に依頼するメリット


1. ご本人は入管に行く必要ありません。
申請取次行政書士が、書類作成から手続完結まで代行致します。

2. 日本語・中国語・韓国語が話せる行政書士が対応致します。
日本語が上手く話せなくても大丈夫です。

3. 完全成果報酬制で、ビザが許可されない場合、全額返金致します。

ライトハウス行政書士事務所


外国人ビザ専門
日本語・中国語・韓国語対応

ご連絡先・お問い合わせ


電話:090-1452-1688
  
  (9:00-18:00)
   土日祝日もご対応

微信(WeChat)
ID: azex1688
LINE
ID:azex1688
WeChat ID: azex1688
Line ID: azex1688
WeChat QR code
Line QR code


対応地域


東京都
港区・新宿区・品川区・目黒区・大田区・世田谷区・渋谷区・中野区・杉並区・練馬区・台東区・墨田区・江東区・荒川区・足立区・葛飾区・江戸川区・千代田区・中央区・文京区・豊島区・北区・板橋区等、東京都全域

東京都・千葉県・神奈川県・埼玉県