Q.外国人女性が日本人と再婚する場合の待婚期間


ここでは、外国人女性が日本人と再婚する場合の待婚期間についてご説明します。

出入国在留管理局への在留資格の申請は、東京・江東区のライトハウス行政書士事務所にお任せください。

Q.待婚期間の取扱い


私は中国籍の女性との再婚を考えています。中国では離婚後もすぐに結婚できるそうですが、日本では女性は100日が経過しないと結婚できないと聞きました。すぐに婚姻手続を済ませ、一緒に生活をしたいのですが、どうしたらよいのでしょうか?

A.

国際結婚における条件は、それぞれの当事者の国の法律が定める条件に適合しなければなりません。日本では以下のように結婚に関する条件がもうけられています。

①男性は満18歳以上、女性は満16歳以上であること

②重婚でないこと

③待婚期間が経過した後であること

④近親婚でないこと

⑤直系姻族間の結婚でないこと

⑥養親子関係の結婚ではないこと

⑦未成年の場合には、父又は母の同意を得ること

この中で③の待婚期間は、日本では再婚女性は前婚の解消又は取消から100日を経過した後でなければならないとされています。一方中国ではこのような待婚期間の定めはないため、中国の法律では結婚が可能となります。

国際結婚において婚姻の実質的成立要件は、それぞれの本国法に従うこととされているため、この場合には日本と中国の双方の法律を満たさなければなりません。

そのため、相手の中国籍女性が離婚後100日が経過するまでは結婚ができないことになります。




参考:

法務省公式サイト


[ビザ申請」を当事務所に依頼するメリット


1. ご本人は入管に行く必要ありません。
申請取次行政書士が、書類作成から手続完結まで代行致します。

2. 日本語・中国語・韓国語が話せる行政書士が対応致します。
日本語が上手く話せなくても大丈夫です。

3. 完全成果報酬制で、ビザが許可されない場合、全額返金致します。

ライトハウス行政書士事務所


外国人ビザ専門
日本語・中国語・韓国語対応

ご連絡先・お問い合わせ


電話:090-1452-1688
  
  (9:00-18:00)
   土日祝日もご対応

微信(WeChat)
ID: azex1688
LINE
ID:azex1688
WeChat ID: azex1688
Line ID: azex1688
WeChat QR code
Line QR code


対応地域


東京都
港区・新宿区・品川区・目黒区・大田区・世田谷区・渋谷区・中野区・杉並区・練馬区・台東区・墨田区・江東区・荒川区・足立区・葛飾区・江戸川区・千代田区・中央区・文京区・豊島区・北区・板橋区等、東京都全域

東京都・千葉県・神奈川県・埼玉県