Q.国際結婚と戸籍の扱い


ここでは、国際結婚をした場合の戸籍と住民登録についてご説明します。

出入国在留管理局への在留資格の申請は、東京・江東区のライトハウス行政書士事務所にお任せください。

Q.国際結婚と戸籍の扱い


国際結婚をした場合、日本人である私の戸籍や住民票などはどのようになるのでしょうか?

戸籍について


国際結婚をしても日本人としての国籍が変わることはないため、戸籍が無くなるようなことはありません。
ただし、国際結婚の婚姻届が受理されると、現在在籍している親の戸籍等から除籍され、あなた1人の単独の新戸籍が編製されることとなります。

これは、日本の場合には、外国人については戸籍がないためであり、日本人配偶者の戸籍の身分事項欄には、外国人配偶者の国籍、氏名、生年月日などが記載されることにより、日本人と外国人が婚姻したことを証することになります。

住民登録について


一方、住民登録は、平成24年7月以降、外国人も登録の対象となりました。入国・在留する外国人は増加傾向にあり、外国人に対しても基礎的行政サービスを提供する基盤となる制度の必要性が高まりました。

外国人にも日本人と同様、住民基本台帳法の適用対象に加え、外国人住民の利便の増進及び市区町村等の行政の合理化を図るための、「住民基本台帳法の一部を改正する法律」が第171回国会で成立し、平成21年7月15日に公布、平成24年7月9日施行された経緯があります。

外国人が引っ越しをした場合


法改正により、日本に在留資格をもって在留する外国人であって、3か月以下の在留期間が決定された者や短期滞在・外交・公用の在留資格が決定された者等以外の者は、住民登録の対象となりました。これにより、外国人も、別の市区町村へ引越しをする際には、転出の届出を現住所の市区町村にて行い、転入の届出を新たな住所となる市区町村にて行う必要があります。

また、海外に移転する際の転出届も必要となります。

なお、外国人は、住居地について市区町村長を経由して法務大臣に届け出なければならないこととされていますが、転入・転居等の手続をすれば届出をしたことみなされます。その後、市区町村が転入・転居等の手続の際に把握した住居地情報を、法務大臣に通知することになります。




参考:

法務省公式サイト


[ビザ申請」を当事務所に依頼するメリット


1. ご本人は入管に行く必要ありません。
申請取次行政書士が、書類作成から手続完結まで代行致します。

2. 日本語・中国語・韓国語が話せる行政書士が対応致します。
日本語が上手く話せなくても大丈夫です。

3. 完全成果報酬制で、ビザが許可されない場合、全額返金致します。

ライトハウス行政書士事務所


外国人ビザ専門
日本語・中国語・韓国語対応

ご連絡先・お問い合わせ


電話:090-1452-1688
  
  (9:00-18:00)
   土日祝日もご対応

微信(WeChat)
ID: azex1688
LINE
ID:azex1688
WeChat ID: azex1688
Line ID: azex1688
WeChat QR code
Line QR code


対応地域


東京都
港区・新宿区・品川区・目黒区・大田区・世田谷区・渋谷区・中野区・杉並区・練馬区・台東区・墨田区・江東区・荒川区・足立区・葛飾区・江戸川区・千代田区・中央区・文京区・豊島区・北区・板橋区等、東京都全域

東京都・千葉県・神奈川県・埼玉県