Q.在留資格認定証明書交付申請が不交付


ここでは、在留資格認定証明書交付申請が不交付になった場合についてご説明します。

出入国在留管理局への在留資格の申請は、東京・江東区のライトハウス行政書士事務所にお任せください。

Q.在留資格認定証明書交付申請が不交付


私はフィリピン人との国際結婚をした日本人男性です。マニラ市内で挙式し、現地で婚姻手続を済ませて帰国しました。その後、出入国在留管理局に「日本人の配偶者等」の在留資格認定証明書の交付申請をしましたが不交付となりました。どうしたらよいのでしょうか?


在留資格認定証明書の交付申請をして結果が不交付となった場合には、その原因を探ることが重要です。

出入国在留管理局から送付される文書には、「本邦に上陸しようとする外国人の過去の入国・在留状況から申請内容に信ぴょう性があるとは認められません。」などと記載されていることが多く、これを読んだだけでは具体的な不交付の理由が分かることはほとんどありません。

そこで、実際に申請を行った出入国在留管理局に行き、不交付の理由を直接確認することが重要となります。

理由を確認する際には、①何が原因なのか、②他には問題はないのか、③その問題点がクリアできれば再申請を行い交付される可能性はあるのか、の3点を中心に確認しなければなりません。

このような説明は基本的には一度しかされないため、前もって申請内容や、確認する事項などを整理してから説明を受けるようにすべきです。後で聞き忘れたことがあったとしても、原則として同じ説明はされないので注意しなければなりません。

このような説明を受け、問題点をクリアすることができるのかを考慮し、次回の再申請を行うかどうかを決定することになります。




[ビザ申請」を当事務所に依頼するメリット


1. ご本人は入管に行く必要ありません。
申請取次行政書士が、書類作成から手続完結まで代行致します。

2. 日本語・中国語・韓国語が話せる行政書士が対応致します。
日本語が上手く話せなくても大丈夫です。

3. 完全成果報酬制で、ビザが許可されない場合、全額返金致します。

ライトハウス行政書士事務所


外国人ビザ専門
日本語・中国語・韓国語対応

ご連絡先・お問い合わせ


電話:090-1452-1688
  
  (9:00-18:00)
   土日祝日もご対応

微信(WeChat)
ID: azex1688
LINE
ID:azex1688
WeChat ID: azex1688
Line ID: azex1688
WeChat QR code
Line QR code


対応地域


東京都
港区・新宿区・品川区・目黒区・大田区・世田谷区・渋谷区・中野区・杉並区・練馬区・台東区・墨田区・江東区・荒川区・足立区・葛飾区・江戸川区・千代田区・中央区・文京区・豊島区・北区・板橋区等、東京都全域

東京都・千葉県・神奈川県・埼玉県