Q.母国にいる親を呼ぶ


ここでは、外国人が母国にいる親を呼ぶ手続についてご説明します。

出入国在留管理局への在留資格の申請は、東京・江東区のライトハウス行政書士事務所にお任せください。

Q.母国にいる親を呼ぶ手続について


私は日本企業に勤務する中国籍の者です。妻も中国籍で同じ会社で働いており、子供はおりません。仕事も順調にいっており、何不自由ない生活を送っていますが、唯一気になるのは中国に残してきた母親(65歳)の存在です。父親も既に他界しているため、中国では1人きりの生活を送っています。そのため、母親を日本に呼び寄せ一緒に生活したいと考えています。
どうしたらよいでしょうか。


A.
高度専門職などの一部の例外を除き、原則として親を呼び寄せるための在留資格は存在しません。

しかしながら、定住者告示に定めがなく、法務大臣が個々の活動の内容を判断して、その入国・在留を認める告示外定住において受入れられる余地はあります。

もちろん、法務大臣が個別の状況に応じて判断しているため、詳細な基準等は公表されていませんが、現状では、親が独り身であり、高齢であり、さらに日本に滞在する家族と共に生活を営む正当な理由がある場合には、「定住者」が認められる事案も見受けられます。

このように可能性としては考えられますが、そのハードルは非常に高いといえます。当然に不許可となるケースも視野に入れながら、申請準備を進めていく必要があるでしょう。




[ビザ申請」を当事務所に依頼するメリット


1. ご本人は入管に行く必要ありません。
申請取次行政書士が、書類作成から手続完結まで代行致します。

2. 日本語・中国語・韓国語が話せる行政書士が対応致します。
日本語が上手く話せなくても大丈夫です。

3. 完全成果報酬制で、ビザが許可されない場合、全額返金致します。

ライトハウス行政書士事務所


外国人ビザ専門
日本語・中国語・韓国語対応

ご連絡先・お問い合わせ


電話:090-1452-1688
  
  (9:00-18:00)
   土日祝日もご対応

微信(WeChat)
ID: azex1688
LINE
ID:azex1688
WeChat ID: azex1688
Line ID: azex1688
WeChat QR code
Line QR code


対応地域


東京都
港区・新宿区・品川区・目黒区・大田区・世田谷区・渋谷区・中野区・杉並区・練馬区・台東区・墨田区・江東区・荒川区・足立区・葛飾区・江戸川区・千代田区・中央区・文京区・豊島区・北区・板橋区等、東京都全域

東京都・千葉県・神奈川県・埼玉県