Q.外国人が年金の加入期間の条件を満たせない場合


ここでは、外国人が年金の加入期間の条件を満たせない場合の「年金脱退一時金」についてご説明します。

出入国在留管理局への在留資格の申請は、東京・江東区のライトハウス行政書士事務所にお任せください。

Q.外国人が年金の加入期間の条件を満たせない場合はどうする?


私は老後は母国に帰るつもりです。そのため、公的年金の加入期間の合計が10年満たせないことになると思いますが、その場合はどうなりますか?

A.

日本国籍を有しない外国人で、滞在期間が短期であるため、老齢年金の支給要件である10年以上の加入期間を満たせない場合には、年金脱退一時金の制度があります。

この制度は技能実習制度(日本で学んだ技術を本国で広めることを目的とした制度で、滞在期間が数年の短期間)が導入され、年金保険料の掛け捨てが問題視されたことに伴い制度化されました。

この制度によると、公的年金に加入していた外国人が、帰国後に年金保険料の一部を返還してもらえることになります。

脱退一時金を申請するには、次の要件があります。

年金脱退一時金の支給要件


①日本国籍を有していないこと

②公的年金制度に6か月以上加入していた期間があること

③日本に住所を有していないこと

④老齢年金や障害年金の受給する権利を有したことがないこと

年金脱退一時金の申請方法


年金脱退一時金は日本を出国した後でなければ申請できませんが、申請書はウェブ上からダウンロードできるほか、年金事務所などにも用意されています。

申請書に必要事項を記載の上で、パスポートの写し、年金手帳などの必要書類を添付し、日本年金機構に送付します。

申請の期限は出国後2年以内となります。なお、この年金脱退一時金の支給を受けると、それまでの年金保険の加入期間は「公的年金制度に加入していなかった」ものと見なされます。




[ビザ申請」を当事務所に依頼するメリット


1. ご本人は入管に行く必要ありません。
申請取次行政書士が、書類作成から手続完結まで代行致します。

2. 日本語・中国語・韓国語が話せる行政書士が対応致します。
日本語が上手く話せなくても大丈夫です。

3. 完全成果報酬制で、ビザが許可されない場合、全額返金致します。

ライトハウス行政書士事務所


外国人ビザ専門
日本語・中国語・韓国語対応

ご連絡先・お問い合わせ


電話:090-1452-1688
  
  (9:00-18:00)
   土日祝日もご対応

微信(WeChat)
ID: azex1688
LINE
ID:azex1688
WeChat ID: azex1688
Line ID: azex1688
WeChat QR code
Line QR code


対応地域


東京都
港区・新宿区・品川区・目黒区・大田区・世田谷区・渋谷区・中野区・杉並区・練馬区・台東区・墨田区・江東区・荒川区・足立区・葛飾区・江戸川区・千代田区・中央区・文京区・豊島区・北区・板橋区等、東京都全域

東京都・千葉県・神奈川県・埼玉県