Q.二重国籍の子どもの国籍選択


ここでは、二重国籍の子どもの国籍選択についてご説明します。

出入国在留管理局への在留資格の申請は、東京・江東区のライトハウス行政書士事務所にお任せください。

Q.二重国籍の子どもの国籍選択はどんな手続きが必要か?


私はアメリカ人の夫をもつ日本人女性です。夫の家族がいるアメリカで初めての子を出産し、数か月後には日本に帰国しようと思います。この場合、何か特別な手続が必要となるのでしょうか?

A.
日本人の子が外国で生まれた場合には、出生から3か月以内に最寄りの日本大使館、領事館などに出生届を提出しなければなりません。

ただし、出生時に片方の親が日本人であれば、子はどこの国で生まれても日本国籍となり、出生地主義のアメリカ国内で生まれた者には、アメリカ国籍が与えられることになるので、上記のケースでは、アメリカと日本の二重国籍となります。

このように外国で生まれて二重国籍となったケースにおいて、日本国籍を維持するのであれば、出生届の用紙にある国籍留保欄に記載して、国籍留保の届をしなければなりません。出生届と同時にこれを記載しないと、出生の時に遡って日本国籍を失うこととなります。

二重国籍の場合には、生まれた子が将来どちらの国で生活するかはわからないため、よほどの事情がない限りは、国籍留保届は提出した方が良いでしょう。

仮に提出せずにアメリカ国籍となった場合でも、子が20歳以下で日本に居住するなどの一定条件を満たせば、日本国籍を再取得することも可能です。




[ビザ申請」を当事務所に依頼するメリット


1. ご本人は入管に行く必要ありません。
申請取次行政書士が、書類作成から手続完結まで代行致します。

2. 日本語・中国語・韓国語が話せる行政書士が対応致します。
日本語が上手く話せなくても大丈夫です。

3. 完全成果報酬制で、ビザが許可されない場合、全額返金致します。

ライトハウス行政書士事務所


外国人ビザ専門
日本語・中国語・韓国語対応

ご連絡先・お問い合わせ


電話:090-1452-1688
  
  (9:00-18:00)
   土日祝日もご対応

微信(WeChat)
ID: azex1688
LINE
ID:azex1688
WeChat ID: azex1688
Line ID: azex1688
WeChat QR code
Line QR code


対応地域


東京都
港区・新宿区・品川区・目黒区・大田区・世田谷区・渋谷区・中野区・杉並区・練馬区・台東区・墨田区・江東区・荒川区・足立区・葛飾区・江戸川区・千代田区・中央区・文京区・豊島区・北区・板橋区等、東京都全域

東京都・千葉県・神奈川県・埼玉県