Q.婚姻要件具備証明書が発行出来ない場合


ここでは、国際結婚をする際に、婚姻要件具備証明書を発行してもらえない場合についてご説明します。

出入国在留管理局への在留資格の申請は、東京・江東区のライトハウス行政書士事務所にお任せください。

Q.婚姻要件具備証明書が発行出来ない場合


私は不法滞在をしていますが、日本人との婚姻を考えています。ところが、大使館に問い合わせても「婚姻要件具備証明書を発行しない」と言われるばかりです。どうしたらよいのでしょうか?


国際結婚をする際には、外国人配偶者の本国の法律で婚姻要件を満たしているかを証明する婚姻要件具備証明書を役所に提出しなければなりません。

日本では戸籍謄本がこの役割を果たすことになりますが、海外の多くの国にはこのような制度がありません。

そのため、本国法により発行する権限が与えられている大使館や領事館などが婚姻要件を満たしている証明書として婚姻要件具備証明書を発行しています。

ところが、在留資格がないなど、ケースによっては、婚姻要件具備証明書を全く発行してくれないこともあり、そのような場合には代わりとなる宣誓書などの資料を発行してもらうことになりますが、その内容は国により異なります。

さらに、このような資料さえ発行してもらえないような場合には、本国法の規定の写しなどを提出した上で、婚姻要件を満たしていることを証明するために、国籍証明、出生証明、独身証明などを適宜提出することになります。

ちなみに、このようなケースでは受理伺いとなる可能性が非常に高くなることを承知しておくべきです。




[ビザ申請」を当事務所に依頼するメリット


1. ご本人は入管に行く必要ありません。
申請取次行政書士が、書類作成から手続完結まで代行致します。

2. 日本語・中国語・韓国語が話せる行政書士が対応致します。
日本語が上手く話せなくても大丈夫です。

3. 完全成果報酬制で、ビザが許可されない場合、全額返金致します。

ライトハウス行政書士事務所


外国人ビザ専門
日本語・中国語・韓国語対応

ご連絡先・お問い合わせ


電話:090-1452-1688
  
  (9:00-18:00)
   土日祝日もご対応

微信(WeChat)
ID: azex1688
LINE
ID:azex1688
WeChat ID: azex1688
Line ID: azex1688
WeChat QR code
Line QR code


対応地域


東京都
港区・新宿区・品川区・目黒区・大田区・世田谷区・渋谷区・中野区・杉並区・練馬区・台東区・墨田区・江東区・荒川区・足立区・葛飾区・江戸川区・千代田区・中央区・文京区・豊島区・北区・板橋区等、東京都全域

東京都・千葉県・神奈川県・埼玉県