Q.日本国内で外国人同士が離婚する場合の法律


ここでは、日本国内で外国人同士が離婚する場合の法律についてご説明します。

出入国在留管理局への在留資格の申請は、東京・江東区のライトハウス行政書士事務所にお任せください。

Q.日本で外国人同士が離婚する場合、どの国の法律が適用される?


私たちは日本に住んで8年が経過する外国籍の夫婦ですが、離婚をすることを決めました。
私たちのように日本に住んでいる外国人夫婦はどの国の法律を基準に考えればよいのでしょうか?

A.

国際結婚をした夫婦が離婚する場合の離婚の準拠法は、以下のとおりです。

①夫婦の本国法が同じ時にはその本国法

②夫婦の本国法が違う時で、夫婦の常居所のある場所が同じであればその国や州の法律

③本国法も常居所も違う場合には、夫婦に最も密接に関係する地の法律

夫婦の本国法が同じ場合


夫婦の本国法が同じ時にはその本国法により離婚をすることとなります。

そのため、本国で協議離婚などが認められていない場合には、日本の法律では協議離婚が認められていても、離婚することはできず、日本の裁判所などで調停や裁判を行い離婚することとなります。

ただし、これは韓国や日本のように国内のどこにいても適用される法律が同じ場合、つまり、夫婦の国籍が同じで、適用される本国法も同じ場合にだけ適用されます。

一方、アメリカのように住んでいる州により適用される法律が違う国の場合には、夫婦が同一の州の出身である場合に適用されます。

適用される法律が違う場合


もちろん、異なる州の出身者同士が結婚している場合には、同じアメリカ国籍者であっても適用される州法が違うため、原則として他方の州法により離婚することはできません。
この場合には、夫婦の常居所がある日本の国の法律により離婚することができます。

日本で行った離婚が本国で認められるかどうか?

ただし、日本で行った離婚がアメリカでも認められるかについては、原則として渉外離婚判決の承認に関して、国際的に定める法律などがないため、最終的には相手国の法律等により判断されることになります。

例えば、協議離婚を認めない国が、日本でなされた協議離婚を認めるかどうかなどの問題が生じることもあり、日本では有効な離婚であっても、相手国では無効とされ離婚が取り消されることもあります。

そのような場合には、相手国の法律に則して再び離婚手続や裁判などを行うケースが多くみられます。

そのため、日本での離婚手続を行う前に、本国の州法を確認し、どのような離婚方法であれば外国での離婚が認められるのかを事前に確認しておいた方が良いでしょう。




[ビザ申請」を当事務所に依頼するメリット


1. ご本人は入管に行く必要ありません。
申請取次行政書士が、書類作成から手続完結まで代行致します。

2. 日本語・中国語・韓国語が話せる行政書士が対応致します。
日本語が上手く話せなくても大丈夫です。

3. 完全成果報酬制で、ビザが許可されない場合、全額返金致します。

ライトハウス行政書士事務所


外国人ビザ専門
日本語・中国語・韓国語対応

ご連絡先・お問い合わせ


電話:090-1452-1688
  
  (9:00-18:00)
   土日祝日もご対応

微信(WeChat)
ID: azex1688
LINE
ID:azex1688
WeChat ID: azex1688
Line ID: azex1688
WeChat QR code
Line QR code


対応地域


東京都
港区・新宿区・品川区・目黒区・大田区・世田谷区・渋谷区・中野区・杉並区・練馬区・台東区・墨田区・江東区・荒川区・足立区・葛飾区・江戸川区・千代田区・中央区・文京区・豊島区・北区・板橋区等、東京都全域

東京都・千葉県・神奈川県・埼玉県