Q.国際結婚と日本人の姓


ここでは、国際結婚をした場合の日本人の姓についてご説明します。

出入国在留管理局への在留資格の申請は、東京・江東区のライトハウス行政書士事務所にお任せください。

Q.国際結婚と日本人の姓


私はアメリカ人との結婚を考えている日本人女性です。外国人と結婚した場合、私の名前はどのようになるのでしょうか?

日本人同士の結婚の場合


日本人同士が結婚した場合には、片方の配偶者の姓が戸籍筆頭者となり、夫や妻として戸籍が編製されますが、国際結婚の場合には、日本人1人の戸籍が編製されることになります。そのため、日本人が元の姓のままで筆頭者となるため、国際結婚をしても姓が変わることはありません。

国際結婚の場合


しかし、日本人同士の婚姻の場合には、夫又は妻の氏を称することが定められており、どちらか1つの姓を選ばなければならないとされているのに対し、国際結婚の場合には、姓が変更されることがないのでは、生活上の不都合が生じることかあります。

そのため、国際結婚をした場合には、結婚後6か月以内に「外国人配偶者の氏への氏変更届」を提出すると、家庭裁判所の許可を得ることなく、日本人の戸籍上の姓が外国人配偶者の姓に変更されることとなります。この場合には、戸籍に記載された外国人の氏を称することとなり、原則としてミドルネームは除外されます。

ただし、このように簡単に姓の変更ができるのは、外国人配偶者との結婚で6か月以内に届出をした場合に限ります。

仮に6か月を経過した場合には、通常の日本人が姓を変更する場合と同様に、家庭裁判所から「やむを得ない事由」があるとする氏変更の許可の審判を得なければならないため、姓の変更を希望する場合には、手続の期限に気をつけなければなりません。

ちなみに、外国人配偶者の姓へと変更した者が離婚した場合、日本人が離婚した場合とは異なり、当然には姓が元に戻ることはありません。外国人配偶者の氏に変更した過去のある日本人は、離婚後3か月以内に氏変更届を提出することにより、元の姓へと戻ることができます。




[ビザ申請」を当事務所に依頼するメリット


1. ご本人は入管に行く必要ありません。
申請取次行政書士が、書類作成から手続完結まで代行致します。

2. 日本語・中国語・韓国語が話せる行政書士が対応致します。
日本語が上手く話せなくても大丈夫です。

3. 完全成果報酬制で、ビザが許可されない場合、全額返金致します。

ライトハウス行政書士事務所


外国人ビザ専門
日本語・中国語・韓国語対応

ご連絡先・お問い合わせ


電話:090-1452-1688
  
  (9:00-18:00)
   土日祝日もご対応

微信(WeChat)
ID: azex1688
LINE
ID:azex1688
WeChat ID: azex1688
Line ID: azex1688
WeChat QR code
Line QR code


対応地域


東京都
港区・新宿区・品川区・目黒区・大田区・世田谷区・渋谷区・中野区・杉並区・練馬区・台東区・墨田区・江東区・荒川区・足立区・葛飾区・江戸川区・千代田区・中央区・文京区・豊島区・北区・板橋区等、東京都全域

東京都・千葉県・神奈川県・埼玉県