交際中の写真が少ない-配偶者ビザ

事例: 交際中の写真が少ない場合の配偶者ビザ申請


日本人の配偶者ビザは、ライトハウス行政書士事務所にお任せ下さい。

「日本人の配偶者等」ビザを申請する場合、2人が写っている写真を数枚提出する必要があります。
例えば、結婚式の時の写真、旅行に行った時の写真、親族が集まった時の写直等です。

但し、同じ日に同じ場所で何枚も撮影しても、1枚としかカウントされないこともあります。


事例

Aさん:日本人女性(32歳)
Bさん:アメリカ人男性(35歳)

AさんとBさんは、交際5年目で結婚しました。Aさんは写真撮るのは嫌いで、2人の交際中の写真がほとんどありません。


申請のポイント


「日本人の配偶者等」の在留資格を申請する場合、2人が写っている写真を数枚提出する必要があります。

写真の例


・結婚式の時の写真
・旅行に行った時の写真
・親族が集まった時の写直

写真は、撮影場所や時期が異なる写真を複数枚用意しましょう。
親族や友人が祝福してくれているシーンがあれば説得力があります。
写真には撮影日時、場所、写っている人が誰かを記載しましょう。

交際期間が短い場合、又は会っている回数が少ない場合は、最低でも10枚以上を提出した方が良いです。
但し、同じ日に同じ場所で何枚も撮影しても、1枚としかカウントされないこともあります。

どうしても写真が少ない場合


どうしても写真が少ない場合は、他の書類を補強しましょう。
交際期間やその他の状況によって異なりますが、真剣に交際されている場合、何らかの補強材料はあるはずです。

例えば、以下の例のような対策をすることができます。

補強材料の例

・メールの履歴を多めに出す
・結婚後の写真を多数用意する
・日本人側のご両親に上申書を書いてもらう




「日本人の配偶者等」ビザを当事務所に依頼するメリット


1. ご本人は入管に行く必要ありません。
申請取次行政書士が、書類作成から手続完結まで代行致します。

2. 日本語・中国語・韓国語が話せる行政書士が対応致します。
日本語が上手く話せなくても大丈夫です。

3. 完全成果報酬制で、ビザが許可されない場合、全額返金致します。


微信(WeChat)
ID: azex1688
LINE
ID:azex1688




ライトハウス行政書士事務所

外国人ビザ専門
日本語・中国語・韓国語対応

ご連絡・お問い合わせ

TEL 090-1452-1688  
  (9:00-18:00)
24時間メール問い合わせ
   ↓

対応地域

東京23区:
港区・新宿区・品川区・目黒区・大田区・世田谷区・渋谷区・中野区・杉並区・練馬区・台東区・墨田区・江東区・荒川区・足立区・葛飾区・江戸川区・千代田区・中央区・文京区・豊島区・北区・板橋区

千葉県・神奈川県