事例1 夫婦の年齢差がある(男性が年上)

事例1 夫婦の年齢差がある(男性が年上)場合のビザ申請


Aさん(56歳):日本人男性
Bさん(26歳):中国人女性
年齢差30歳

Aさんは2回目の結婚で、Bさんは初婚です。
2人は仕事で知り合い、約1年の交際後結婚しましたが、双方の両親とは会っていません。
Aさんは日本の会社の正社員で、安定した収入があります。
Aさんは、「在留資格認定証明書」を取得して、Bさんを中国から呼び寄せたいです。

申請のポイント


配偶者ビザの審査は、年齢差があればあるほど厳しいです。傾向として、年齢差が15歳以上ある場合、審査が厳しくなることが多いです。

又年齢差がある場合、離婚歴も重要になってきます。
日本人の前の結婚相手も外国人であった場合、又は外国人の前の結婚相手が日本人であった場合、今回の結婚についての本気度や安定継続性が慎重に審査されます。

このような場合、2人の本気度、ご夫婦の結びつきの強さを、複数の手段、複数の角度から証明しなければなりません。

提出する書類例


・出会いから結婚に至るまでの詳細な経緯説明書
・2人の写真約20点位を時系列に整理したもの
・共通の知人友人が祝福していることが分かるような写真5点位
・メールやラインの履歴

写真やメール履歴については、月日を記載し、簡単なコメントも添えた方が良いでしょう。

写真のコメント例
2020年2月撮影、夫婦が初めて会った時の写真、場所は東京

申請書類の作成にも細心の注意


夫婦の年齢差がある場合には、申請書類の作成にも細心の注意が必要です。
1つの記入ミスが単なるミスとは判断してもらえず、あえて隠したと判断されることがあります。
従って、書類を完璧にして、ミスなく申請することが非常に重要です。

年齢差や離婚歴があるからこそ、相手への優しや包容力を持つようになった等のことを、交際経緯書に具体的に書き、臨場感が文章を通じて、夫婦の結びつきの強さ、真剣に交際し結婚に至ったことを説明しましょう。




「日本人の配偶者等」ビザを当事務所に依頼するメリット


1. ご本人は入管に行く必要ありません。
申請取次行政書士が、書類作成から手続完結まで代行致します。

2. 日本語・中国語・韓国語が話せる行政書士が対応致します。
日本語が上手く話せなくても大丈夫です。

3. 完全成果報酬制で、ビザが許可されない場合、全額返金致します。


微信(WeChat)
ID: azex1688
LINE
ID:azex1688




ライトハウス行政書士事務所

外国人ビザ専門
日本語・中国語・韓国語対応

ご連絡・お問い合わせ

TEL 090-1452-1688  
  (9:00-18:00)
24時間メール問い合わせ
   ↓

対応地域

東京23区:
港区・新宿区・品川区・目黒区・大田区・世田谷区・渋谷区・中野区・杉並区・練馬区・台東区・墨田区・江東区・荒川区・足立区・葛飾区・江戸川区・千代田区・中央区・文京区・豊島区・北区・板橋区

千葉県・神奈川県