事例6 外国人技能実習生と結婚する

事例6 外国人技能実習生と結婚する場合のビザ申請


Aさん(40歳):日本人男性
女性Bさん(30歳):ベトナム人

Bさんは外国人技能実習生として来日し、Aさんが勤務する工場で働きました。Bさんは、日本滞在中、勤勉に仕事に取り組み、Aさんの母親とも良好な関係を築いています。そして、技能実習期間の終了後Aさんと結婚しました。
Bさんが帰国した後、「在留資格認定証明書交付申請」をして、再び日本に呼び寄せる計画です。

申請のポイント


外国人技能実習生は研修生とも呼ばれます。「技能実習ビザ」の本来の目的は、外国人が日本で高度な技術や知識を学び、その技術等を母国に戻って活かすことです。
従って、日本人と結婚して、引き続き日本に住む場合、本来の目的とは異なってしまいます。
従って、現行制度では、原則として、技能実習ビザから配偶者ビザ(他のビザを含む)への変更は認められていません。

しかし、例外もあります。
例えば、その外国人技能実習生が妊娠している場合、既に出産して子供がいる場合等です。

この事例の場合、妊娠や出産ということはない為、実習期間の終了まで待って結婚しました。そして、一旦帰国して、再度呼び寄せる手続き(在留資格認定証明書交付申請) を行います。

結婚相手が元技能実習の場合、帰国してから3年以上経過していれば、特に問題はありません。
しかし、技能実習終了後、直ぐ結婚して、再び呼び寄せる場合、通常よりも厳しく審査されます。

従って、通常の申請書類に加え、以下の書類を提出すると良いでしょう。
・勤務先の上司が作成した上申書
・Aさんの母親の嘆願書




「日本人の配偶者等」ビザを当事務所に依頼するメリット


1. ご本人は入管に行く必要ありません。
申請取次行政書士が、書類作成から手続完結まで代行致します。

2. 日本語・中国語・韓国語が話せる行政書士が対応致します。
日本語が上手く話せなくても大丈夫です。

3. 完全成果報酬制で、ビザが許可されない場合、全額返金致します。


微信(WeChat)
ID: azex1688
LINE
ID:azex1688




ライトハウス行政書士事務所

外国人ビザ専門
日本語・中国語・韓国語対応

ご連絡・お問い合わせ

TEL 090-1452-1688  
  (9:00-18:00)
24時間メール問い合わせ
   ↓

対応地域

東京23区:
港区・新宿区・品川区・目黒区・大田区・世田谷区・渋谷区・中野区・杉並区・練馬区・台東区・墨田区・江東区・荒川区・足立区・葛飾区・江戸川区・千代田区・中央区・文京区・豊島区・北区・板橋区

千葉県・神奈川県