事例10 出会い系サイトで結婚

事例10 出会い系サイトで結婚場合のビザ申請


Aさん(28歳):日本人女性
Bさん(26歳):中国人男性

2人は日本人と外国人の出会い系サイトで知り合い、その後結婚しました。

申請のポイント


インターネットの発達により、出会い系サイトで出会い、国際結婚するカップルも増えています。
しかし、中には偽装結婚プローカーのような悪質な業者もあります。
又、真面目な業者が運営するサイトであっても、お金や日本で働くことが目的で登録する外国人もいます。

悪徳業者や偽装結婚をする人がいる為、出会い系サイト等で出会って結婚したカップルが、配偶者ビザを取得する場合、厳しく審査されることになります。

審査官に偽装結婚ではないことの説明責任は、申請人側にあります。
その為、添付資料や質問書、理由書等で2人の結婚が真実である旨をしっかり説明しなければなりません。

説明の2つのポイント


・出会い系サイトが怪しいところでは無いことをしっかり説明する。
・2人が真剣に交際をしている経緯を、証拠を揃えてしっかり説明する。

どんな会社が運営しているのか会社概要を調べ、、多くの人が使う有名なサイトなら、その旨を記載しましょう。
又、交際の経緯も「どれくらいの頻度で、どこで会っているのか」等の書面を作って説明しましょう。
お互いの国を訪問した時や一緒に旅行した時の航空券、写真等を集めて証明する必要があります。

そして、ご両親の嘆願書や外国人配偶者への送金記録等も添付しましょう。




「日本人の配偶者等」ビザを当事務所に依頼するメリット


1. ご本人は入管に行く必要ありません。
申請取次行政書士が、書類作成から手続完結まで代行致します。

2. 日本語・中国語・韓国語が話せる行政書士が対応致します。
日本語が上手く話せなくても大丈夫です。

3. 完全成果報酬制で、ビザが許可されない場合、全額返金致します。


微信(WeChat)
ID: azex1688
LINE
ID:azex1688




ライトハウス行政書士事務所

外国人ビザ専門
日本語・中国語・韓国語対応

ご連絡・お問い合わせ

TEL 090-1452-1688  
  (9:00-18:00)
24時間メール問い合わせ
   ↓

対応地域

東京23区:
港区・新宿区・品川区・目黒区・大田区・世田谷区・渋谷区・中野区・杉並区・練馬区・台東区・墨田区・江東区・荒川区・足立区・葛飾区・江戸川区・千代田区・中央区・文京区・豊島区・北区・板橋区

千葉県・神奈川県