技術・人文知識・国際業務ビザの申請は、入管専門のライトハウス行政書士事務所(東京・江東区)にお任せ下さい。

ここでは、専門学校でビジネス全般を学ぶ学部は、どんな職種でも就労可能かについてご説明します。

専門学校でビジネス全般を学ぶ学部は、どんな職種でもOK?

就労ビザ取得のためには、専門学校で学んだ内容との密接な関連が求められるため、最近では、ビジネス社会で広く活用できる学部学科が増えてきました。

学科名だけではよく分からない科目

国際ビジネス情報学科など、学科名を聞いただけでは何を専門として学ぶのか、よく分からないものもたくさんあります。
経営、経済、会計、情報処理、日本語、ビジネスマナー、マーケティング、貿易実務、文書作成等、何でもありの学科が多いのも事実です。

社会で幅広く通用する知識を身につけるため、どんな業界でも就職できるようにするために、学校側としてはいろいろな科目を詰め込みたいという気持ちも分かります。

しかし、ビザを取得するという観点からは、「あれもこれも」とやっているよりは、ひとつの専門を深く掘り下げる方がやりやすくなるのは事実です。

一言で「ビジネス」といっても、貿易、会計、法律、経営、販売、管理、情報等、幅広い分野を含みます。
幅が広いから、どんな職種、どんな仕事でも大丈夫なのかというと、やはりこの点は業務の内容との関連性が審査のポイントとなります。

外国人が従事しようとしている業務内容にどんな専門性が見出され、その専門性が専門学校のどの科目と関連性を有するのかということは、各々事情が異なります。
この点は会社側担当者の方が詳しいので、書類を作成するに当たって、ぜひともご協力をいただきたいところです。

社長、人事担当者、現場担当者などからいろいろと話を聞く過程で、会社の業務内容をきちんと理解することができ、書類の作成がしやすくなります。

また、業務内容や分量を立証する資料があるのであれば、積極的に提示すれば、主張を補強する絶好の材料になります。文書では表現が難しく、なかなか審査官に理解してもらえなかったとしても、写真が数枚あるだけで、理解してもらえることもあります。

「技術・人文知識・国際業務」ビザの申請事例

「技術・人文知識・国際業務ビザ」を当事務所に依頼するメリット

1. ご本人は入管に行く必要ありません。
申請取次行政書士が、書類作成から手続完結まで代行致します。

2. 日本語・中国語・韓国語が話せる行政書士が対応致します。
日本語が上手く話せなくても大丈夫です。

3. ビザが許可されない場合、全額返金致します。

ライトハウス行政書士事務所

外国人ビザ専門
日本語・中国語・韓国語対応

ご連絡先・お問い合わせ

電話:090-1452-1688
  
  (9:00-18:00)
   土日祝日もご対応

微信(WeChat)
ID: azex1688
LINE
ID:azex1688
WeChat ID: azex1688 Line ID: azex1688
WeChat QR code Line QR code

対応地域

入管窓口申請の対応地域

東京都、埼玉県、神奈川県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県、新潟県、山梨県、長野県

オンライン申請の対応地域

東京都、埼玉県、神奈川県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県、新潟県、山梨県、長野県、北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、富山県、石川県、福井県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県