専門学校卒業者は、大学卒業者と比べて、審査は厳しいという現実

技術・人文知識・国際業務ビザの申請は、入管専門のライトハウス行政書士事務所(東京・江東区)にお任せ下さい。

就労ビザについて、日本の専門学校卒業者の場合、大学卒業者に比べて、いろいろな面で審査が厳しくなります。

大学卒業者と比べて、審査は厳しい

日本の専門学校卒業者の場合、大学卒業者に比べて、いろいろな面で審査が厳しくなるという面は、現実問題として受け止めなければなりません。

また、海外の専門学校卒業者では、基本的に就労ビザを取得することは、ほとんど無理といってもよいくらいです。
ただし、従事しようとする業務内容について10年以上の実務経験があれば、ビザを取れる可能性はあります。

ビザ取得が可能な業務として、専門学校で履修・習得した専門知識や技術を直接的に活かすことができるもの、学術的素養や背景に裏付けられた知識を活用する業務に従事できるような職種である必要があります。
日本の職人に求められているような、勘と経験に基づいて技術を習得していくような業務は認められていないということです。

一般的に、幅広く就労が認められている「技術・人文知識・国際業務」という在留資格の場合は、卒業した学科、習得した単位と従事する業務内容の関連性が妥当であるかどうかという点の審査が厳しく行られます。
学科名、コース名はもちろんのこと、専門学校卒業時に取得する専門士の称号の種類、取得単位および数などによって左右されます。

業務と関連性がある単位

関連性を持つ単位が1単位しか取れていない場合だと、「1単位では少ない」といわれることもあります。では、2~3単位ならよいのかというと、なかなかそうもいかないようです。

具体的にどれだけの単位数を習得していればよいのかというと、断定的なことはいえませんが、多いほうがよい、成績がよい方がよい、というのは間違いありません。

分かりやすい例としては、ITに関する学科を卒業した人が、ウェブ制作やプログラマとして勤務しようとする場合、経営学に関する学科を卒業した人が、海外貿易や海外現地出店のための市場調査、現地法人との契約業務に従事するという場合は、比較的、ビザは下りやすいといえるでしょう。

このように、学科名と業務が直接的に結びつきやすいものは、審査官もイメージしやすいので、許可の可能性が高くなるのです。

「技術・人文知識・国際業務」ビザの申請事例

「技術・人文知識・国際業務ビザ」を当事務所に依頼するメリット

1. ご本人は入管に行く必要ありません。
申請取次行政書士が、書類作成から手続完結まで代行致します。

2. 日本語・中国語・韓国語が話せる行政書士が対応致します。
日本語が上手く話せなくても大丈夫です。

3. ビザが許可されない場合、全額返金致します。

ライトハウス行政書士事務所

外国人ビザ専門
日本語・中国語・韓国語対応

ご連絡先・お問い合わせ

電話:090-1452-1688
  
  (9:00-18:00)
   土日祝日もご対応

微信(WeChat)
ID: azex1688
LINE
ID:azex1688
WeChat ID: azex1688 Line ID: azex1688
WeChat QR code Line QR code

対応地域

入管窓口申請の対応地域

東京都、埼玉県、神奈川県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県、新潟県、山梨県、長野県

オンライン申請の対応地域

東京都、埼玉県、神奈川県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県、新潟県、山梨県、長野県、北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、富山県、石川県、福井県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県